< 2018年06月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2010年06月13日

メカボイジリ初挑戦

先日EG30000HCポン付けで見事ピスクラしてしまったMASADA。
一応サブとして必要な銃なので、面倒ですが修理することに…

恥ずかしながら、まだ自分はメカボを開けたことがありません。
なので今回いい切っ掛けができました。

とりあえずパーツを都内某所で購入、リペアに必要パーツはピストンのみですが、折角なので、ピストンヘッド、ギア一式も交換してみます。


スーパーシューター・ポリカボピストン


スーパーシューター・ベアリング入りハイサイクルギア


ANGEL・ベアリング付きピストンヘッド



ご開帳。

購入後に某ショップで0.9Jチューンとメタルチャンバーに交換した際にグリスアップしてもらったので、緑グリスベッタリ状態じゃないです。


やっぱりピストンが逝ってました。



ベアリング入りハイサイクルギア。


セクター・スパーギア本体の軸部分にベアリングがはまってます。
効果があるのか分かりませんが、セクターのタペットプレート接触部にもベアリングが使われてます。
ベベルにはベアリングが入ってません。ラッチが6枚。

見た目は頑丈そうですね。


※ここからは余裕がなかったので、写真はありません。


ギアを仮組みするのですが、購入したギアセットにはシムは入っておらず、一方デフォルトで使われているシムは6枚で、しかも厚さは全て同じ…
当然以前と同じ位置・枚数ではフィットしません。

何回か組み直して、結局2枚抜いて無難なフィッティングに落ち着きましたが、厚さ違いのシムが何枚か無いと完璧にはいかなさそうです…

グリスアップしてピストン等を組み込んで、モーターを回してみます。

ウィ…

('A`)マワラネー


シリンダーヘッドのベアリング分ボリュームが増したので、スプリングが縮みきった状態で丁度セクターの最後の歯でスプリングがストップしてしまいました。
ピストンのベアリングを外してたら回りました。余計な買い物でしたね('A`)y-~

サイクル数は秒間2〜3ぐらい増加?
回転は比較的スムースになった気がします。

モーター・ベベル付近のノイズは変わりません。
中華御用達の机モーターのせいかもしれませんが、モーターのベベルのフィッティングの問題かもしれません。今度EG1000とかに交換してみます。

他に釣りをやっている関係で、これまでリールのオーバーホールで小さな駆動系の物をいじるのは得意でしたが、リールと違いメカボックスの厄介な所は「飛ぶパーツ・外れやすいパーツ」です。片手でスプリング&ガイドをドライバーで押さえつけながらフタを閉めようとした瞬間に、ラッチ、トリガーがポロッと外れます…orz
2〜3回これをやられて心がささくれました(#゚Д゚)

結局メカボを床に置いて、スプリング&ガイドをドライバーで左足で押さえつけ、トリガーを右足親指で押さえ、左手でラッチを支えながら閉めたら上手いこといきました。

専用の治具を作って、簡易クランプと併用すればが楽に作業ができそうです。
でも面倒くさいから当分いいや…

あともう一つ厄介なのが、メカボックスをレシーバーに組み込むときのセレクターの処理が面倒くさいこと面倒くさいこと。
結局ブチ切れて力任せに押し込み(メ゚皿゚)=3、お陰様でセレクタースイッチの回し心地は最悪になりました('A`)
元々があまり良くなかったので気にしません。

とりあえずオペ終了。

分解・改造に慣れている方にしてみれば、コイツバカジャネー状態でしょうね…

初速が分からないので、チャンバー・バレルを外して不稼働状態にして保管。
今度弾測計を買ってきます。
  

Posted by chang-matsu at 18:11Comments(2)分解・改造